スウェーデンの地図製作者が森の中で青銅器時代の宝物を見つけました

スウェーデン西部のオリエンテーリングクラブのために森を調査している男性は、青銅器時代の宝の山が約2、500年前のものであると考えられていることを発見しました。

ネックレス、ブレスレット、洗濯ばさみなど、約50点のアイテムが含まれています。

地図製作者のトーマス・カールソン氏は、「最初はランプだと思っていたが、よく見ると古いジュエリーだった」と語った。

スウェーデンの考古学者は、森の中でそのような貯蔵庫を探すことは非常にまれであると言います。

古代の部族は通常、そのような供物を川や湿地に残しました。

貯蔵庫は、岩の隣の林床にありました。

1匹以上の動物が惑星を乱し、さまざまなアイテムを半ば露出させたと考えられています。それらは紀元前750年から500年の間の金額に日付が付けられています。

カールソン氏は、自分が取り組んでいる地図を見下ろしているときに、金属の輝きを見つけたと言いました。最初は、とても良い状態だったので、装飾品はコピーだと思っていました。それから彼は森の中でコーヒーを飲みながら地域の考古学者に電子メールを送りました、と地方紙Goteborgs-Postenは報告しました。

森はヨーテボリの北東約48km(30マイル)のアリングソースの町の近くにあります。

考古学者はそれを「デポ」の発見、つまり、神への捧げ物として、または死後の世界に投資するために故意に残された貯蔵庫として説明しています。

イェーテボリ大学の考古学講師であるヨハン・リン教授は、このジュエリーは「非常によく保存されている」と述べています。

「ほとんどのものは、地位のある女性に関連していることが多い」と彼は述べ、Goteborgs-Postenが引用した。

The treasure includes a kind of rod wants to spur on horses, previously found in neighboring Denmark, but not in Sweden.

Swedish law requires anyone finding such antiquities to notify the police or agency, as they’re considered state property. The Swedish National Heritage Board then decides what reward, if any, the finder should receive.

Mr. Karlsson said a gift “would be a pleasant bonus, but it isn’t vital to me.

“It’s fun to be a part of exploring history. We know so little about that era because there are no written sources.”

In Scandinavia, the Bronze Age ran from about 1700BC to 500BC, when it gave thanks to the Iron Age. The Iron Age continued until about AD800 when the Viking Age began.

ヴェストラ・イェータランド地域の古物専門家であるペルニラ・モーナーは、「1980年代半ばにフロスルンダの青銅器がスカラボルグの畑から発掘されて以来、スウェーデンで青銅器時代からのこのようなエキサイティングな発見がなされたわけではない」と述べた。

Vastra GotalandのニュースサイトであるVGRfokusは、ヨーテボリの考古学者のチームが現在、場所を綿密に調査していると言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です