Covid:フランス:7月までにナイトクラブを除くサービスの再開を目指す

フランスでは、来月から計画されている封鎖措置の緩和中に、カフェ、バー、レストランが屋外でサービスを提供し、夜間外出禁止令を緩和することを許可します。

エマニュエルマクロン大統領によって概説された4段階の計画は、6月30日までに国を大部分再開することを目指しています。

Covid-19「ヘルスパス」を持っている外国人観光客は、6月9日から再びフランスを訪れることができます。

フランスの感染率は、3回目の封鎖が導入されてから低下していますが、一部の地域では依然として高い数値が続いています。

マクロン氏は、待望の計画をフランスの新聞のギャグに詳しく説明し、次の4つの段階でフランスの規制を緩和したいと述べました。

  • 5月3日、中学校と高校の生徒は対面式のクラスに戻り始めます。旅行のルールは終了します
  • 5月19日、現在の19:00(17:00 GMT)の夜間外出禁止令は21:00に戻されます。カフェやレストランは外で再開する準備ができています。必須ではないショップ、映画館、美術館、劇場は、訪問者の制限付きでオープンする準備が整います。
  • 6月9日、夜間外出禁止令は再び23:00に延期されます。スタジアムや大規模なイベントに参加する人や、外国人観光客が入国する人のために、「ヘルスパス」が導入される予定です。
  • 6月30日、夜間外出禁止令は完全に解除されますが、ナイトクラブは閉鎖されたままになります

マクロン氏は、対策が全国的に緩和されることを望んでいると述べたが、「緊急ブレーキ」は「ウイルスがあまりにも存在する地域で」使用される可能性がある。

EU外からの外国人観光客は6月9日にフランスに入る準備ができています。しかし、彼らはパスサニテール(またはヘルスパス)を提示する必要がありますが、その小さなプリントはまだ明らかにされていません。

大規模なイベントに参加するには、パスも必要になります。

「レストラン、劇場、映画館などの日常的なものにアクセスしたり、友人に会いに旅行したりするために、ヘルスパスは必須ではありません」とマクロン氏は言いました。「しかし、スタジアム、フェスティバル、見本市、展示会など、大勢の人が集まる場所では、それを使用しないのはばかげているかもしれません」。

フランスは、病院を圧倒する恐れのある事件の急増と戦ったため、4月3日に3回目の全国封鎖に入った。それ以来、最近の症例の1日の数は、過去1週間の平均で約40,000から27,000に減少しています。

過去24時間以内にさらに324人の死亡が報告された。ジョンズホプキンス大学の推定によると、フランスでのパンデミックによって殺された総数は現在、最低104,079人です。

大統領は、感染の急増を抑えるために、早期に3回目の全国封鎖を命じる呼びかけを拒否したことで強く批判された。

マクロン氏は、「フランス式の生活を再開する」時が来たと述べ、人々は「陽気さ」、文化、スポーツを必要としていました。しかし彼は、人々は「注意深く責任を持って」いる必要があると付け加えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です