31キルギスタンとタジキスタンの国境での致命的な戦いで殺害

水紛争がキルギスタンとタジキスタンの国境で数年で最悪の衝突を引き起こした後、少なくとも31人が殺され、スコアが負傷し、10,000人が避難した。

衝突は水曜日に始まり、監視カメラが水道施設に設置された後、両側の人々がお互いに石を投げつけました。

停戦と部隊の撤退は合意されたが、いくつかの射撃は続いたようだった。

死傷者数はキルギス側からのもので、タジク人の数は不明でした。

キルギスタンの保健相AlizaSoltonbekovaは、テレビでのブリーフィングの中で、木曜日に暴力が始まって以来、31人が死亡し、150人が負傷したと述べた。

避難と死傷者に関するキルギスの数字によると、死者の中には少女がいた。

ソーシャルメディアに公開された写真は、キルギスタンのバトケン地域周辺の紛争地域で、地域内でいくつかの建物が燃えていることを示していました。焼失した財産の中には、キルギス緊急事態省と一致する国境検問所、かなり20の家、学校、8つの店、カジノがありました。

キルギスタンのバトケン州知事は、水監視装置を撤去すべきであることに双方が合意したが、タジキスタンはそれを拒否したと述べた。

報告によると、最初の衝突が激化した後、国境警備隊が関与した。両陣営の軍部隊は木曜日に火の交換を開始したが、その日遅く、停戦は20:00(14:00 GMT)からの効力を要求すると発表され、兵士は基地に戻った。

バトケンの警察の代表は電話でAFPの報道機関に、銃撃は「集中的にではなく」夜の間続いたと語った。銃撃は「軍隊と民間人の両方の間で」起こったと彼は言った。

金曜日、タジキスタンは州情報サービスが発表した声明の中で停戦を認めた。しかし、州はこれまでのところ、暴力による死傷者や損害は認めていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です