政府は動物福祉計画についてのすべてを明らかにします

政府は、一部の動物の福祉を改善するための幅広い決定を導入しています。

提案の対象となる動物には、ペット、家畜、野生の生き物が含まれます。

導入される措置には、屠殺のための生きた動物の輸出の禁止、霊長類のペットとしての飼育、および動物の感覚の正式な承認が含まれます。

猫はマイクロチップを使用することが義務付けられます。

さらに、犬用の遠隔操作のトレーニング用首輪は非合法化される予定です。

「動物愛好家の国

動物福祉のための行動計画を立ち上げたジョージ・ユースティス環境長官は、英国を「動物愛好家の国」と呼び、「これまで以上に私たちの優れた実績を生み出す可能性がある」と述べた。

一連のイニシアチブには、種からのハンティングトロフィーの輸入を禁止することや、動物を衆生として正式に認めることも含まれます。

政府は、強制給餌されたアヒルやガチョウの肝臓でできた食品であるパテ・ド・フォアグラの販売禁止をチェックする予定です。

この計画には、今後数か月以内に承認される予定のいくつかの法案に法案が含まれています。これらには、動物福祉法案、動物感覚法案、したがって動物海外法案が含まれます。これらは、2006年の動物福祉法における保護を拡大する予定です。

飼い主が猫にマイクロチップを付ける必要があるというニュースに反応して、猫保護の擁護および政府関係の責任者であるジャッキー・カフは、彼女が「喜んでいる」と言いました。

“We had the dog microchipping regulation passed in 2016, so we’ve been waiting a long time. There are around 2.6 million unchipped pet cats in the UK; that’s a lot of cats wandering around with no permanent identification,” she explained.

Cat theft reportedly increased by more than 12% over the last year, and only around 70% of owned cats are chipped at the moment.

Chris Sherwood, chief executive of the RSPCA, said: “These announcements will make a true and lasting difference to animals’ welfare, so we’re pleased the govt is committed to improving animals’ lives in the UK and abroad. We cannot ignore the inextricable link that exists between the way we treat animals, our health which of the earth – but to achieve a step-change, it will take courage from right across government.

“We urge the govt to place animal welfare at the guts of politics and make these announcements just the start of an evolving, holistic animal health and welfare strategy.”

Concerning farmed animals, live exports for fattening and slaughter are going to be banned. This is only possible because the United Kingdom has left the EU. The caging of poultry and therefore the practice of restricting the movement of pregnant and suckling pigs also will be examined.

Sows can legally be kept during a “farrowing crate” for up to 5 weeks. These crates are of a size that prevents the sow from turning around and potentially crushing her newborn piglets. However, preventing sows from engaging in normal behavior can cause them to become stressed.

There is, however, no legal guarantee that food from animals reared abroad will have been produced to high animal welfare standards.

Last year, ministers controversially voted against a House of Lords amendment which might have blocked imports that did not meet welfare and food safety standards within the UK. It will now depend upon post-Brexit trade deals with countries like the US, where cows are routinely treated with hormones and chickens are washed with chlorine – which is illegal here.

The deputy president of the National Farmers’ Union (NFU), Stuart Roberts, said it had been “ridiculous” if high standards weren’t applied to imports also.

「私たちは世界で動物福祉に関していくつかの最高水準を持っています。政府が同じ野心を持っていることは良いことです」と彼は言いました。「しかし現在、オーストラリアと貿易協定を交渉しています。オーストラリアでは、食料や水を利用せずに24時間以上動物の移動時間をとることができます。ここで基準を引き上げることはできず、同時に同じ基準を輸入に適用することもできません。 、それはただの偽善だ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です