小売店は再開後、売り上げが伸びています。

衣料品への支出の急増は、封鎖措置が緩和され、重要でない店が再開したため、先月の小売売上高を刺激するのに役立ちました。

国家統計局(ONS)によると、4月の小売売上高は9.2%増加し、衣料品の売上高は3月と比較して70%近く急増しました。

オンラインでの売り上げは落ち込んだものの、全体的な売り上げはパンデミック前のレベルをかなり10%上回りました。

燃料販売は増加しましたが、コロナウイルス以前に見られたレベルを下回っていました。

政府が必須ではないと分類した衣料品店や家具店などの小売業者は、1月上旬に閉店した後、4月12日にイギリスの買い物客に再開しました。

キャピタル・エコノミクスの英国チーフエコノミスト、ポール・デールズ氏は、4月の衣料品と靴の売り上げの「驚くべき」急増は、「世帯がワードローブの更新に特に熱心であることを示した」と述べた。

同氏は、小売売上高の大幅な増加の余地は今ではなくなったと述べたが、最近のデータは、5月の景気回復は「パブ、レストラン、映画館、劇場に戻る人々によって推進された」ことを示唆していると付け加えた。

ロイズバンクの小売部門の責任者であるAledJonesは、次のように述べています。

EY UK&Irelandの小売リーダーであるSilvia Rindone氏は、4月には「消費者の需要が大幅に増加した」と述べた。

「消費者は店内でのショッピング体験に戻り、小売療法を楽しんでいるため、ほとんどのカテゴリで売り上げが伸びています。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です