2020年東京五輪は「100%前倒し」橋本聖子五輪代表が語る

東京2020の橋本聖子会長は、オリンピックが前に進むことを「100%」確信しているが、コロナウイルスの発生時に無観客でオリンピックを進行するために「準備しなければならない」と警告した.

延期となった7月23日の東京大会まで、あと50日。

日本はコロナウイルスの第4波に対処しており、全国の10地域が緊急事態になっています。

橋本選手は「大会が開催される可能性は100%だと思います」と語った.

BBC スポーツのローラ スコットとの会話で、彼女は次のように付け加えました。

「日本人は非常に不安を感じており、同時に、私たちがオリンピックについて話していることに不満を感じている可能性があり、その結果、東京でのオリンピック開催に反対する声が増えていると思います。

「最大の課題は、人の流れをどのように制御し、管理できるかです。万一の危機や緊急事態に相当する大会期間中に流行が発生した場合、無観客でこれらの大会を開催する準備をしなければならないと思います。

できるだけ完全なバブルの状況を作るように努めており、日本にいる人々、居住者、そして日本の人々のように、海外から利用できる人々のための安全で安全な空間を作ります。」

8 月 24 日から始まるオリンピックまたはパラリンピックでは、海外からのファンの入場は許可されません。

日本では 4 月に新たな感染の波が始まり、一部の地域では 6 月 20 日まで制限が課されています。

この国は、他のほとんどの先進国より遅い2月に国民に予防接種を開始し、これまでのところ、完全に予防接種を受けている人は約3%に過ぎません。

橋本氏は、海外の観客がいないという「非常に苦しい決断」だったと語ったが、「安全で確実なゲーム」を確実にするために必要なものだったと語った.

「(多くの)アスリートにとって、オリンピックに出場できるのは一生に一度の機会です。これまで彼らを支えてくれた家族や友人がいないことは非常に辛いことであり、それが原因で私も痛いです」と彼女は言った.

一部の国が旅行を禁止される可能性について、橋本氏は「誰が日本に来ることができるかについては、日本政府が決定することがいくつかあります。

「政府が定めた最低要件を満たしていないため、ある国が日本に入国できない場合、IOCとIPCがそれについてどう感じているかを聞く必要があると思います。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です