クリーンエネルギーの征服・獲得を目指す主要プロジェクト

主要なプロジェクトは、完全に再生可能エネルギーによって供給される電力網への障壁を打破することを目的としています。

風速が変動するため、風力タービンからの出力は変動します。太陽電池の出力は、曇りなどの要因によって変化します。

これは変動性と呼ばれ、グリッド上の再生可能エネルギーの割合を増やすためには、変動性を克服することが重要です。

主要国のグループは、2030 年までに困難を解決するために、その後数十年にわたって 2 億 4,800 万ドルを投資します。

この取り組みは、ミッション イノベーション (MI) と呼ばれるクリーン テクノロジー研究プログラムから生まれました。

環境保護論者によると、この金額は、地球温暖化が抑制されない限り、地球規模の気候変動が社会に与えると予想される数兆ドルの損害のほんの一部に過ぎないという。

しかし、このプログラムに参加している 23 の加盟国政府は、2015 年よりも年間 58 億ドル多く支出しています。

変動性の問題の解決策には、エネルギー貯蔵が含まれます。たとえば、需要の変化に対応するスマート電力システム。高度な制御、および AI。

MIの背後にいる人々は、2050年までに気候目標を達成するために必要な世界の排出削減量の半分は、今日存在する技術に依存しているが、実証またはプロトタイプ段階にあると述べている.

これらには、水素パワー、高度なバッテリー貯蔵、ゼロエミッション燃料が含まれます。

太陽光発電と風力発電はすでに広く普及していますが、声明によると、各国はそれに見合うエネルギーシステム全体を開発する必要があります。

The other main areas of the group’s research are going to be hydrogen power, shipping, long-distance transportation, and CO2 removal from the air.

Members of the partnership include the US, UK, the EU, and China.

Each member has agreed to open three “hydrogen valleys” – clusters of industries powered by clean hydrogen fuel.

A few of the partners want to supply a number of this hydrogen by splitting it from gas and seizing the CO2 emissions by carbon capture technology.

Environmentalists say this fuel hydrogen is an inefficient technology being promoted by the oil and gas industry. They want to derive all hydrogen from renewable electricity.

The project also says it’ll help develop ships capable of running on zero-emission fuels like green hydrogen, green ammonia, green methanol, and advanced biofuels.

Tom Burke from the climate thinks factory E3G told: “John Kerry, Gates, et al. are wrong about the importance of R&D [research and development]. Deployment of what we have already got is what matters and that we’d like pile.”

Jennie Dodson, head of the secretariat at MI, told “There’s recognition that more investment remains needed – but all the countries in MI are committing to take care of and seek to increase wherever possible.”

She said R&D investment levels were always smaller than infrastructure spending, but act as a catalyst for investment.

She gave two examples. One may be a $5m prize for cooling buildings that produced technologies delivering cooling that’s five times more efficient.

The other is that the announcement, in 2016, that the Swedish government would work with industries to pilot fossil fuel-free steel manufacturing.

“They’ve provided around 50 million euros for pilot-scale plants, with additional funding from industry”, she said. “The Swedish government’s support has provided political backing and financial de-risking of the initial demonstration phases of those projects.

“This is now resulting in billions of dollars invested by the industry – and influencing other steel manufacturers and corporations to develop fossil-free steel manufacturing.”

Mission Innovation was first launched in parallel with the 2015 Paris agreement on climate.

イベントの慈善団体であるティアファンド、持続可能な開発のための国際研究所、したがって海外開発研究所の最近の分析によると、G7諸国は依然として再生可能エネルギーよりも化石燃料企業に追加の資金を注ぎ込んでいる。

これには、G7 諸国から 1,150 億ドルを受け取った航空および自動車産業への新型コロナウイルス感染症の助成金が含まれています。そのうちの 80% は、支援のためにセクターに相互に排出量を削減することを強制する計画はありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です