ユニセフ:G7諸国は今すぐ新型コロナウイルスのワクチンを寄付するべきか、さもないとジャブを浪費するリスクがある

裕福な国が大量の残り分を貧しい国に一度に送ると、何百万ものCovidワクチンが無駄になる可能性があるとユニセフは警告した.

慈善団体は、貧しい国にはそれらすべてを直接使用するための資源がないため、年間を通じて穏やかな供給が必要であると述べました。

英国など。彼らは余剰分を寄付することを約束しましたが、もっと早く提供するように依頼する必要がありました。

ビリー・アイリッシュやデビッド・ベッカムらスターたちがユニセフの訴えを支持している.

有名人は、英国を含む富裕国の G7 グループに、8 月までにワクチンの 20% を寄付するよう求める書簡に署名しました。

「パンデミックはどこでも終息するまで、どこにも終わらない」

手紙に署名した他のスターには、アンディ・マレー、オリビア・コールマン、ユアン・マクレガー、リアム・ペイン、プリヤンカ・チョプラ・ジョナス、オーランド・ブルーム、ケイティ・ペリー、ジェマ・チャン、ウーピ・ゴールドバーグ、クラウディア・シファー、クリス・ホイが含まれます。

ユニセフのワクチン責任者であるリリー・カプラニはBBCニュースナイトに、地球の残りの部分のために、各国は同じ時期に人口にワクチンを接種する必要があると語った.

「ある時点で、間違いなく18歳未満のワクチンを接種する必要があります」と彼女は言った. 「しかし、現時点での優先事項は、世界中の脆弱で優先度の高いグループ全員が確実にワクチンを入手できるようにすることです。

「したがって、英国やG7のような国は、自宅で国民に予防接種を行いながら、低所得国に線量を寄付する必要があると言っています。」

しかし先週、マット・ハンコック保健大臣は、英国内の子供たちにワクチンを接種することは、海外に線量を送るよりも優先されると述べた.

他の国とは異なり、英国は、Covax ワクチン共有スキームに寄付する予定の投与量のパーセンテージを明らかにしておらず、超過分の投与量を寄付するとのみ述べています。金曜日、ハンコック氏は、英国には現在、予備の投与量がないと言った。

ユニセフのカプラニ女史は、G7 諸国に対し、夏の間も、したがって今年の残りの期間も、ジャブの寄付を開始するよう呼びかけた。

「低所得国は、滑走路から出て医療従事者の手に渡る穏やかな供給を必要としています」と彼女は言いました。

「これらのワクチンをクリスマスまでに節約することによる意図せぬ結果は、各国がそれらを吸収して展開する準備ができていないため、最終的には無駄になる可能性があるということです。使用されずに期限切れになるワクチンの多くの投与量を見ることができました。それは悲劇になるだろう。」

著名人は手紙の中で、ユニセフはすでに貧しい国にワクチンを届けていると述べた.

手紙によると、G7 の 7 か国は、6 月から 8 月の間に、投与量の 20% を寄付するのに十分な量をすぐに備え、展開を大幅に遅らせることはありません。

G7グループへの書簡には、「ウイルスはまだ多くの国で蔓延しており、私たち全員を最初の状態に戻す可能性のある新しい亜種を生み出しています」と述べています。

テニスのスター、マレーのような有名人の中には、英国内の人々にユニセフの VaccinAid アピールへの寄付を呼びかけている人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です