Apple、iPhone修理中の女性の露骨な写真事件を解決するために数百万ドルを支払った

Apple は、iPhone を修理する技術者が写真やビデオをオンラインで共有した女性に、数百万ドルの和解金を支払いました。

露骨な画像や動画が Facebook などにアップロードされ、あたかも彼女が投稿したかのように見せかけました。

Apple は訴訟では名前が挙がらなかったが、関係のない訴訟でその関与が明るみに出た。

現在、この事件を確認し、謝罪している。

Appleは声明の中で、「当社はお客様のデータのプライバシーとセキュリティを非常に重視しており、修理プロセス全体でデータが確実に保護されるようにいくつかのプロトコルを導入しています。

「2016 年に当社のベンダーの 1 つでこのひどいポリシー違反を知ったとき、すぐに行動を起こし、それ以来、ベンダー プロトコルを強化し続けてきました」と付け加えました。

Telegraph が最初に報じたこの事件は、5 年前にオレゴン大学で勉強していた女性が、Apple の修理請負業者である Pegatron Technology Service に iPhone を送って修理を依頼したときに発生しました。

Apple は、関与した 2 人の技術者を調査し、解雇したと伝えられています。

しかし、伝えられるところによると、それは機密性を要求しており、事件におけるその役割は、ペガトロンがAppleに支払った補償をめぐってペガトロンとその保険会社との間の法廷闘争の中でのみ特定された.

2019 年には、同様の訴訟で、Apple Store の従業員が、修理のためにデバイスを受け取った後、携帯電話から撮影した女性の親密な写真を自分宛てに送信したとされています。アップルはすぐに調査を開始し、その人物は会社にいなかったと述べた

この事件は、iPhoneのようなデバイスを公式の修理店に閉じ込めるべきではないと主張する米国内で拡大している「修理する権利」運動に重みを加えるだろう.

約 20 の州が、Apple やその他のメーカーがサードパーティの技術者が利用できるツールやコンポーネントを作成することを強制する可能性のある修理権法を提案しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です