イングランド銀行がデジタルマネープランを評価する

イングランド銀行、したがって財務省は、金融機関のデジタル通貨の可能性を調査するためのタスクフォースを修正すると発表しました。

目的は、代替のかなりデジタルマネーを作成することに伴うリスクと機会に目を向けることです。

家計や企業が使用するために銀行が発行したもので、現金や銀行預金に取って代わるのではなく、それらと一緒に存在する可能性があります。

英国内でそのような通貨を所有するかどうかについての決定はなされていません。

しかし、政府、ひいては世銀は、そうすることの利点と実用性について「利害関係者と広く関わりたい」と考えています。

タスクフォースは、金融安定のための世銀の副総裁であるジョン・カンリフ卿、したがって財務省の金融サービス局長であるキャサリン・ブラディックが共同で主導する予定です。

銀行は以前、「これはお金と支払いの深刻な変化の時期かもしれない」という理由で、金融機関のデジタル通貨(CBDC)に興味があると述べました。

金融取引でのお金の使用は近年着実に減少しており、オープンエンドのクレジット支払いは増加しています。クレジットカードや直接デビットの使用も増えています。

銀行はまた、ビットコインのような暗号通貨を含む、「最新の種類の個人的なお金の作成のリスクを回避する」方法としてデジタル通貨を持っていると考えています。

「CBDCが導入された場合、それは紙幣のように英ポンドで表示される可能性があるため、10ポンドのCBDCは常に10ポンド紙幣と同じ価値があるだろう」と銀行は述べた。

「CBDCは通常、デジタル紙幣のように考えられていますが、いくつかの点で、預金と共通の最大額があります。

「CBDCは、現金や銀行預金に取って代わるのではなく、一緒に導入されるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です