ロータスはその最後の純粋なガソリンスポーツカーを計画します

スポーツカーメーカーのロータスは、エミラと呼ばれる代替モデルが、最後の従来型動力車になると発表しました。

新しいデザインは、中国の吉利によって管理されているノーフォークを拠点とするビジネスの深刻なオーバーホールの一部を形成しています。

マネージングディレクターのマットウィンドルはBBCに、彼が今日のアナログカーと呼んでいるものと、したがって明日のデジタルカーとの間の架け橋を形成するかもしれないと語った。

同社は、将来的にすべてのモデルが電気になることを望んでいます。

Geelyによって調整された投資プログラムは、英国内での生産が3倍になり、海外への拡大も見込めますが、20億ポンドの費用がかかると予測されています。

ボンドの社用車

ロータスは、伝統に満ちたブランドです。自動車会社は、エンジニアのコリンチャップマンによって1950年代初頭に設立されました。1960年代から70年代にかけて大成功を収めたレーシングチームの姉妹事業でした。

チャップマン氏の死後、ロータスグループは苦戦しました。ゼネラルモーターズ、ブガッティ、したがってマレーシアのグループプロトンの所有下で期間を過ごしましたが、エスプリ(ジェームズボンドの時折の社用車)のような刺激的なデザインを生み出したにもかかわらず、それはめったにお金を稼ぎませんでした。

2017年、この事業は浙江吉利控股集団とマレーシアの吉利汽車によって割り当てられ、吉利控股が支配権を保有しました。1年後、Vision80と呼ばれる「長期的なビジネス変革戦略」を開始しました。

The Emira forms a part of that strategy – a replacement sportscar intended to extend Lotus’ global appeal. The company had been widely expected to announce that the new car would be either electric or hybrid, but that didn’t end up being the case.

According to Matt Windle, this was because the company needed time to arrange for a future during which Lotus will get to become an all-electric manufacturer.

‘The last hurrah’

As a result, it chose to launch a model incorporating much new technology but powered by an indoor combustion engine.

“We needed to create the team, we would have liked to create our experience to maneuver into electrification,” he said.

“This is one swan song for the interior combustion engine cars, then we enter the electrification future.”

ロータスは、今年の最高で生産を開始したため、Evijaハイパーカーの発売ですでにその方向に一歩踏み出しました。

時速200マイルの非常に強力な電気モンスターであり、意図のプレスリリースとして設計されています。しかし、価格は約200万ポンドで、数は非常に限られているため、ほとんどのドライバーの手の届かないところにあります。その後継者はより主流になります。

現在年間約1,600台の自動車を製造しているロータスのような小さなメーカーにとって、電化と自動化の強化など、業界がその後数年間に直面している変化は、手ごわい課題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です