グラミー賞は議論の余地のある投票委員会を削除します

グラミー賞の主催者は、不正行為、好意、人種差別の申し立てを受けて、匿名の投票委員会を廃止しました。

レコーディングアカデミーは、投票メンバー(数千人に達する)が代わりに来年のノミネートと勝者を選ぶだろうと言った。

Zayn MalikやHalseyなどのスターは、選択プロセスが不公平で透明性に欠けていると主張していました。

色の芸術家は、多様性の不足のために賞を長い間批判してきました。

今年の初め、カナダの歌手ザ・ウィークエンドは、グラミー賞の主催者が今年のノミネートでスナッブされた後、米国のトップ10で記録的な52週間を過ごしたヒットシングルにもかかわらず、腐敗していると非難しました。

音楽メーカーを代表する非営利団体であるレコーディングアカデミーは、候補者と受賞者の選出は「投票会員団体全体の手に戻されている」と述べた。

また、メンバーのかなりの90%が、投票機関が「音楽制作に積極的に関与している」ことを確認するために「再認定プロセス」を受けると付け加えました。

アカデミーはまた、有権者が投票できるカテゴリーの数を減らし、2つの新しい賞のカテゴリーを追加していると述べました。

RecordingAcademyの議長兼暫定会長であるHarveyMasonは、この組織にとって「前例のない変革の年」であったと述べました。

「これは、音楽コミュニティの要件を満たすことへのコミットメントを倍増させた行動に駆り立てられた新しいアカデミーかもしれない」と彼は言った。

The Grammys voting procedure had been notoriously complex, with committees made up of 15-30 “highly-skilled music peers” having the final say in 72 categories. This meant they might overrule the votes of rank-and-file members.

Last year, the then-chief executive of the Recording Academy, Deborah Dugan, claimed to possess evidence of “serious” irregularities within the voting. Her claims came after she was placed on administrative leave following allegations of misconduct, although she said it had been in retaliation for speaking up.

Five days before this year’s ceremony, Zayn Malik – who has never been nominated – had tweeted: “Unless you greet and send gifts, there are no nomination considerations. Next year I’ll send you a basket of confectionery.”

彼は後に、「包含の必要性、したがって指名プロセスの透明性の欠如について」懸念していることを明らかにし、現在のシステムは「好意、人種差別、およびネットワーク政治が投票に影響を与えることを可能にする」と述べた。

一方、本名がアベル・テスファイであるザ・ウィークエンドは、ビルボード誌に次のように語っています。唯一の本当の答えは、グラミー賞の過去61年間で、今年のアルバムを獲得したのは10人の黒人アーティストだけだということだと思います。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です