ハイチ:7人の誘拐されたカトリック聖職者が解放される

宣教師グループによると、今月初めにハイチで誘拐されたカトリック聖職者の10人のメンバーのうち残りの7人が釈放された。

4月11日、ハイチの4人の僧侶と1人の尼僧が、首都ポルトープランスの近くで誘拐されました。

彼らは健康であると言われています。他の3つは先週解放されました。

誘拐犯は100万ドル(722,000ポンド)の身代金を要求していました。それが支払われたかどうかは明らかではありませんでした。

攻撃は、カトリックの聖職者が代わりの教区司祭の設置のために彼らにいたときに、クロワ・デ・ブーケの町の中で起こりました。400マゾウォと名乗るギャングが誘拐の背後にいると信じられていた。

ハイチ政府は辞任し、誘拐事件をきっかけに後任の首相、クロード・ジョセフが任命された。

「私たちの同僚、姉妹、そしてジャン・アネル・ジョセフ神父の家族が健康であることがわかったので、私たちの心は喜びに満ちています」と聖ジャック司祭協会はAFP通信社が引用した声明の中で述べました。

このグループはまた、フランスの大使、したがって米国の「彼らの慎重で効果的な外交的貢献」にも国の当局のおかげで感謝した。

誘拐事件は、南北アメリカで最も貧しい国であるハイチで急増しました。ハイチは、ここ数十年で複数の自然災害と政治危機に苦しんでいます。カトリック教会は物事を「地獄への降下」と表現しています。

宗教団体は免れていません。4月1日、武装した男たちが首都郊外の福音派教会で急襲し、牧師と3人を拉致しました。このサービスは当時、ソーシャルメディアでライブストリーミングされていました。

4人は、非公開の金額が身代金として支払われた3日後に釈放されたが、礼拝の中心で牧師を誘拐した勇気は多くのハイチ人に衝撃を与えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です