フランス:陸軍幕僚長から南北戦争の手紙で辞任を求められた兵士

フランス陸軍参謀総長は、国内の宗教的過激主義によって引き起こされた戦争を警告する物議を醸す手紙に署名した場合、兵士に辞任するよう促した。

右翼の雑誌に掲載された手紙は、フランス政府がイスラム主義に「譲歩」を与えたと非難した。

それは3週間前に20人の元将軍によって署名された同じ手紙に続いた。

両方の手紙はフランス政府によって非難されましたが、右翼政治家によって賞賛されました。

火曜日、フランソワ・ルコイントル将軍は軍関係者へのメッセージの中で最新の手紙に宛てた。

「最も合理的なステップは確かに彼らの考えと信念を自由に表現するために機関を去ることです」と彼は彼のメッセージの中でフランスのメディアの報道と一致して言いました。

全体として制裁を脅かすことはなかったが、彼は「裁量の義務」に違反したという手紙の背後にあるサービス要員を非難した。

彼は、彼らの「個人的な信念」が軍を望ましくない政治的議論に巻き込んだと述べた。

「すべての兵士は思想の自由を享受しているが、市民と兵役を明確に区別しなければならない」と全体的に述べた。

兵士の手紙は、パリで発行された右翼の週刊ニュースマガジンであるバルールアクチュエルによって日曜日遅くに発行されました。この手紙は、罰を恐れて匿名のままでいることを好むと述べた現役の兵士によって書かれたと主張している。

手紙の著者は、アフガニスタン、マリ、したがって中央アフリカ共和国で奉仕した、または国内のテロ対策作戦に参加した若い世代の兵士の一部であると述べた。

「彼らはあなたが私たちの土地に譲歩しているイスラム主義を破壊するために彼らの肌を与えた」と彼らは書いた。

このメッセージは、先月の手紙に署名した「長老たち」に対するフランス政府の反応を批判した。「彼らはフランスが失敗国家になることを許可するためにあなたのために戦ったのか?」

「戦争が勃発した場合、軍はその地で秩序を維持するだろう」と手紙は読んだ。

エマニュエル・マクロン大統領の党のスポークスマンは、この手紙は、来年の大統領選挙の候補者である極右の指導者マリーヌ・ル・ペンを支援するためのメディアスタントであると述べた。

フランスは最近、マクロン大統領が「イスラム主義分離主義」と表現したことに取り組むための物議を醸す法案を提案した。

しかし、フランスと海外の両方の批評家の中には、政府がイスラム教を不当に標的にしていると非難している人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です