ミャンマークーデター:企業は軍事関係を伴ってオフィスブロックを離れる

国の軍事指導者にリンクされているミャンマーの高級オフィスビルは、国際機関の流出を見ています。

コカコーラ、プラネットバンク、マッキンゼーは、ヤンゴンのスーレスクエアコンプレックスでのリースを削除する必要があるか、リースを検討しているとBBCに伝えました。

国連は、この複合施設は軍が所有する陸上に建設されたと述べた。

ミャンマーの軍隊は2月に民主的に選出された政府から権力を掌握した。

初朝のクーデターから100日が経過し、数百人が死亡した全国で大規模な抗議行動が引き起こされました。

しかし、2月1日に政権を握る前でさえ、1962年に権力を掌握してから半世紀近く国を統治していたミャンマーの軍隊は、広大な土地を所有し、鉱業から銀行業まですべてに関与する企業を支配していました。

先月、活動家グループのジャスティス・フォー・ミャンマーは、ミャンマーの商業の中心地ヤンゴンの中心部にあるオフィスとショップの複合施設の18のテナントに、間接的に軍隊を支援することを防ぐよう呼びかけました。

「スーレスクエアには、建物内のオフィススペースをリースし、間接的に軍隊を支援している有名なテナントがいます」と、ミャンマーの正義は報告書の中で述べました。

通信社のロイターによると、6つの企業が削除する必要がある、または計画を検討していると述べたが、軍事的つながりについて言及したのは1つだけだった。他の企業は、事業の見通しを含むさまざまな理由を挙げました。

コカ・コーラは電子メールでの声明の中で、「ビジネス要件の変化」のため、来月半ばに終了したときにリースを更新しないと述べました。

「コカ・コーラリミテッド(ミャンマー)のオフィスにいる従業員は、全体的な安全対策の一環として、2021年の残りの期間も在宅勤務を続けます。新しいオフィスの場所については後日お知らせします」と付け加えました。

BBCに送られた声明の中で、コンサルタント会社McKinsey&Companyは、「SuleSquareでリースされているサービスオフィスにスペースがなくなった。2021年初めにリースを終了した」と述べた。

Reuters said it’s not currently using its Sule Square office and was reviewing its tenancy.

A spokesperson for the planet Bank Group, which also has an office within the complex, told that it had been “assessing things in Myanmar, consistent with internal policies and procedures”.

Norway’s state-owned telecoms operator Telenor said it had known that the military-owned land Sule Square is built on before it moved in but it had picked the location due to several reasons, including safety. Telenor has not said whether or not it plans to maneuver out of the building.

Sule Square, which is close to the historic Sule Pagoda in Yangon, opened in 2017. It was developed by a local affiliate of Hong Kong-listed Shangri-La Asia, which also manages the building and a neighboring hotel.

シャングリラは2017年に、開発に1億2500万ドル(8850万ポンド)を投資したと語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です