Appleは中国を拠点とするデータセンター内にデータを保存していると批判

Appleは、NY Timesの報告に従い、中国に拠点を置くデータセンター内に中国の顧客のデータを保存していることを確認しました。

ただし、顧客またはそのデータのいずれかの「セキュリティを危険にさらしたことはない」と述べています。

Appleは、国民の情報保管に関する中国の法律を順守していたと述べた。

しかし、ある専門家は、これを行うことで中国政府に効果的に「鍵を渡した」と述べた。

中国は、テクノロジーを使用して市民を追跡し、大量監視を目的としていると長い間非難されてきました。

「もし私が中国政府に批判的だったら、ずっと前に(アップル製品を使って)不快だっただろう」と元オバマ政権の役人でニューヨーク大学のビジネスと人権センターの所長であるマイケル・ポズナー教授は言った。

「アップル製品を使用してクラウドに遅れをとらないようにしているものには、プライバシーがあるとは確信できません。」

暗号化されたデータを国内のサーバーに格納することで、Appleは「中国のルールに従って遊んでいた」と彼は付け加えた。

Appleは、それが存在するすべての国の法律に準拠していると述べた。

「私たちはユーザーのデータの暗号化キーの制御を維持し、私たちが構築するすべての新しいデータセンターでは、Appleの最先端のハードウェアとセキュリティテクノロジーを使用してそれらのキーを保護することができます」と声明で述べています。

「さらに、中国での執行要請は、他のどこでも行っているように、容認できる法的手続きを通じて処理し、有用な情報の提供を余儀なくされたら、定期的かつ透過的に事例を報告します。」

2020年12月、Appleは、州が設定した期限に従って、中国のAppStoreから約46,000のアプリを削除しました。

大多数はゲームであり、国内で利用できるようにするには公式ライセンスが必要です。

そして2019年、Googleはスタッフからの批判を受けて、中国でプログラムの検閲版を立ち上げるプロジェクトを放棄しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です