アイルランドの国境を越えたビジネスの台頭は3月も続いた

公式の数字によると、アイルランドの国境を越えた貿易の急増は3月も続いた。

アイルランドの中央統計局(CSO)の数値は、北アイルランド(NI)からアイルランド共和国への製品輸出の価値が1億7600万ユーロから2億8500万ユーロに62%増加したことを示しています。

2021年の半月全体で、共和国へのNIの輸出は5億1900万ユーロから7億4800万ユーロに44%増加しました。

RoIからNIへの輸出は、5億5700万ユーロから6億8200万ユーロへと22%増加しました。

NIプロトコルが1月に運用を開始して以来、アイルランドのいずれかの地域の企業が英国から商品を輸入することが難しくなっています。

北アイルランドは、EUの単一の商品市場にとどまっています。これは、英国から戻ってきた商品が新しいチェックと管理の対象となることを示唆しています。

GBからアイルランド共和国に戻ってくる商品も同様のプロセスに直面します。

ただし、英国のEU離脱前であったため、アイルランド国境を越えた商品貿易は残っており、新しいチェックや管理はありません。

そのため、一部の企業は、GBからではなく、アイルランドの島でより多くの製品を調達するように促されているようです。

水曜日にストーモント委員会に語ったところによると、経済省の高官は、企業は南北貿易への関心の高まりを示しており、チェーン全般を提供していると述べた。

しかし、Giulia Ni Dhulchaointigh氏は、一部の企業は、サプライチェーンの方向を簡単に変えることができない「真の継続的な困難」に直面していると述べました。

彼女は、NIに商品を送るための新しいプロセスとシステムについてGB企業に教えるためにやるべきことがまだたくさんあると言いました。

一方、CSOの数値は、アイルランド共和国へのGB商品の輸出額が、2021年の半月以内に昨年の同時期と比較して48%または20億ユーロ減少したことを示しています。

その落下のいくつかは、純粋なブレグジットの影響ではなく、パンデミック関連の要因に直結する可能性もあります。

前月比の数字も改善の見通しを示しています。GBからのアイルランドの輸入は、1月の4億6700万ユーロ、2月の6億5000万ユーロと比較して、3月の9億9200万ユーロと評価されました。

今月初め、アイルランドの税関長であるゲリー・ハリヒル氏は、アイルランドの港を経由して英国の輸出を得るのは困難になっていると述べた。

彼は、「パフォーマンスの低下」に見舞われた後、新しい税関ITシステムは3月中旬から良好に機能していたと述べました。

数字はまた、半月以内の英国へのアイルランド製品の輸出額が、昨年の同時期と比較して3%(8,200万ユーロ)減少したことを示しています。

英国はまだ英国のEU離脱後の完全な国境管理を課していないため、EU企業がGBに商品を促すのはその逆よりも簡単です。

GBと北アイルランド間の貿易に関する統計は、年に1回しか作成されないため、現在、NIプロトコルがその関係にどのように影響しているかについての確かな統計的証拠はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です