AppleはEUの反競争的アプリ規則の違反で起訴された

Appleは、AppStoreの運営方法に関するEU競争規則違反の罪で起訴されています。

欧州委員会の独占禁止法規制当局であるマルグレーテ・ベスタガー氏は、「消費者は負けている」とツイートした。

これは、2年前にAppleが業界のイノベーションを抑制していると主張した音楽ストリーミングアプリSpotifyによって提起された請求に関連しています。

Appleは大規模な罰金に直面しており、その議論が規制当局を納得させない場合は、その方針を変更することを余儀なくされるべきである。

以前は、不正行為を否定していました。

このケースでは、AppStoreのポリシーが音楽ストリーミングにどのように影響するかを具体的に調べています。この告発は当初、Spotify DanielEkの共同創設者によって2019年に提起されました。彼はAppleが「選択を制限し革新を抑制している」と述べました。

ECの声明によると、「Appleのルールは、競合する音楽ストリーミングアプリ開発者の価格を引き上げることで、音楽ストリーミングの市場内での競争を歪めている。これにより、iOSデバイスでのアプリ内音楽サブスクリプションの消費者の価格が上昇する」と述べた。

これに対し、Appleは、Spotifyの加入者の99%に対して手数料を受け取っていないと述べた。

「このケースの核心は、iOSアプリで代替取引を宣伝する準備ができているべきであるというSpotifyの要求であり、これは世界中のどの店舗でも許可されていない慣行です」と声明で述べています。

「繰り返しになりますが、彼らはApp Storeのすべての利点を必要としていますが、そのために何も支払う必要はないと考えています。Spotifyに代わって委員会が主張するのは、公正な競争の反対です。」

Alexander Holland, chief content and strategy officer at music streaming platform Deezer said he was pleased with the Commission’s findings.

“It’s a crucial step towards a good competitive landscape were dominant market players like Apple need to compete with independent companies like Deezer on quality of service, innovation, and consumer experience, instead of artificially created barriers and a scarcity of A level playing field.”

Earlier Ms. Vestager tweeted that the preliminary conclusion of the EC was that “Apple was in breach of EU competition law” and “charges High Commission fees on rivals within the App Store and forbids them to tell of alternatives”.

ECと米国の規制当局は、AppleのApp Storeについて一連の継続的な調査を行っており、アプリ内購入に対して請求する30%の手数料が公正であるかどうかをより広く検討しています。

開発者は、いわゆるApple税にますます不満を募らせていました。

開発者と規制当局の両方からの圧力を受けて、Appleは、年間収益が100万ポンドである開発者の手数料率を15に引き下げました。

2020年3月に電子商取引会社楽天からECに苦情が申し立てられ、独自のApple Booksサービスを宣伝しながら、AppStoreを通じて販売された電子書籍に手数料を要求することは反競争的であったと主張しました。このケースは個別に検討されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です